私たちの活動

Actions

ミャンマーコーヒーの販売

2022年3月から滋賀県の「ヨイマメ珈琲さん」のミャンマーコーヒーの取り扱いが始まりました。

「ミャンマーコーヒープロジェクト」のクラウドファンディングに私たちも微力ながら支援をさせていただき、その「リターン」で送られたのがヨイマメ珈琲さんの香り豊かなミャンマー産コーヒーでした。

ミャンマーのスーパーマーケットには、迷ってしまうほどたくさんのコーヒーが売られていて、私もお土産に何を買おうか迷ったほどです。タビタビミャンマーでは、ミャンマー産コーヒーをどこでも気軽に味わえるドリップバッグを販売します。クーデター以降、平和が脅かされているミャンマーの市民の力になればとの思いで、寄付付きとなっています。この商品の売り上げの一部は佐賀県の認定NPO法人地球市民の会様のミャンマーの未来をつくる「復興支援基金」 に寄付されます。【2022.03】

ミャンマーコーヒー

チェッターヒン(ミャンマーチキンカレー)の販売サポート

長年ミャンマーの支援をされているアジアこども交流支援センターが、チェッターヒンカレー(1箱1,100円)の購入で、売上の一部がミャンマー市民への支援金となる支援活動に取り組まれています。

私たちもその活動を応援しています。“チェッターヒン”とは、ミャンマー語で“チェッター=鶏肉”、“ヒン=料理”で、ミャンマー鶏肉カレーのことです。ミャンマー料理研究家の保芦ヒロスケさんのチェッターヒンです。おいしいミャンマーカレーを食べて、ミャンマー市民に力を届ける活動に是非ご賛同ください。 ご購入方法は、アジアこども交流支援センターにご連絡いただいても、タビタビミャンマーにダイレクトメッセージを送っていただいても構いません。チェッターヒンは、極辛とマイルドの2種類です。(極辛は、汗が噴き出すほど辛いですよ。)【2022.02】

チェッターヒン

オリジナル8曜日Tシャツの販売

長野県信濃町在住のイラストレーター田所真理子さんにミャンマーの8曜日の守護動物を描いていただきました。自分の生まれた曜日を大切に考えるミャンマー人。自分の曜日を知り、曜日の動物をお守りとして身に付けられたらとの想いで製作をしました。
製作途中の今年2021年2月、ミャンマーでは国軍によるクーデターが起きました。日々深刻化する状況の悪化に落ち着かない日々が続きました。田所さんのイラストを見るたび、このユーモラスなかわいさに引き込まれ、心の平静を保つことができました。ミャンマー市民への祈りを込め、Tシャツには”Pray for Myanmar”とデザインし チャリティTシャツとして販売することにしました。このチャリティで集まった寄付金は、ミャンマー市民への支援として使われます。1枚のご購入につき900円をアジアこども交流支援センター(長野市)に寄付します。【2021.04】

オリジナル8曜日Tシャツの販売